札幌こころのセンター
(札幌市精神保健福祉センター)

避けたい話しの聞き方

適切な対応とは逆に、避けたい話の聞き方もあります。
助けたいと思って対応しても、力が入りすぎて、それが逆効果になることがあります。
そのような避けたい話の聞き方がどのようなものか見てみましょう。
また、適切な話の聞き方を比べてみましょう。

<悪い例>

  • 批判的、否定的に話を聞く 例)「たいしたことじゃないよ」
    「重く考えすぎだ!」
  • 世間の常識を押し付ける 例)「もっとつらい人はたくさんいるよ」
    「誰にだってあることだよ」
  • 安易に励ます 例)「元気だしなよ。気の持ちようだよ。」
    「そのうち気楽になるって!」
  • 話をそらす、軽く受け流す

<良い例>

  • 心配していることを伝える 例)「最近元気なくて心配だったんだ」
  • 批判・否定せず、話を傾聴する 例)「そうだったんだぁ…」「それはショックだったよね…」
  • 相手の気持ちを想像する。 例)「とてもつらいね…」
  • ねぎらう 例)「よく話してくれたね」
  • いつでも相談にのることを伝える

<悪い例>であげたような話しの聞き方をしてしまうと、悩んでいる人にとってはモヤモヤが晴れずに、
「自分の気持ちはわかってくれないんだ」「人に相談しても無駄なんだ」と思ってしまうこともあります。

そのため、<良い例>であげたように、出来るかぎり、悩んでいる人の気持ちに寄り添うような聞き方を心がけましょう。

危険なサイン

悩んでいる人が出しているサインには
注意が必要なものがあります。

MORE

避けたい話の聞き方

ここでは、適切な対応とは逆に、
避けたい話の聞き方について紹介します。

MORE

ゲートキーパーとは

「ゲートキーパー」を知っていますか?
上で紹介した適切な対応は、
実は「ゲートキーパー」という役割なのです。

MORE

PAGE TOP