首都圏の企業の方

03-3216-5090


札幌の魅力

「好きなまち」
「住んでよかったまち」札幌

豊かな自然と調和した都会暮らし

都会でありながら豊かな自然に恵まれたまち札幌。四季の移ろいがはっきりしているので、季節ごとの美しい風景やイベントも楽しむことができます。札幌に転勤・移住してきた方からも「札幌から離れたくない。札幌に来てよかった。」といった声をいただいております。
そんな一度来たら好きになる札幌での暮らしの特色や魅力を紹介します。

札幌での1年

春(4~6月頃)

4月の上旬頃は雪も残っていて気温も低いですが、徐々に春らしい気持ちの良い暖かさになってきます。
春と言えば桜ですが、札幌ではゴールデンウィークに見頃を迎え、ジンギスカンを食べながら花見をする方も多いです。
また、北海道はスギ花粉がほとんどないので、春先も悩まされることなく快適に過ごせます。

春(4~6月頃)

■ 花粉総飛散量(スギ・ヒノキ)

花粉総飛散量(スギ・ヒノキ)
※平成30年~令和2年春(各2月~4月)の実測総飛散量平均
〔出典〕環境省大臣官房環境保健部環境安全課
夏(7~8月頃)

最高気温30度以上の年間真夏日は10日間ほどで他都市に比べて少なく、涼しい夏を過ごすことができます。
また、梅雨もなく、最低気温が25度以上となる熱帯夜もほとんどないので、夜もぐっすり眠ることができます。
札幌の夏は短いですが、「大通公園のビアガーデン」や「YOSAKOIソーラン祭り」といった夏のイベントがたくさんあります。

夏(7~8月頃)

■ 年間真夏日(2011年~2020年の平均値)

年間真夏日(2011年~2020年の平均値)
秋(9~10月頃)

秋にかけては、全国的に台風の多い季節ですが、北海道に来る頃には勢力も弱まり、札幌に台風が来ることはほとんどありません。
食欲の秋ということで、大通公園で開催される「さっぽろオータムフェスト」では北海道の味覚が大集合。このほかにも食のイベントが多く開催されます。
また、豊かな自然に恵まれている札幌には、紅葉スポットもたくさんあります。

秋(9~10月頃)
冬(11~3月頃)

最高気温が0度以下となる日も多いですが、屋内は暖房が効いているので暖かいです。
都心部では、地下鉄さっぽろ駅からすすきの駅までの南北1.7kmを中心に、地下街・地下通路で縦横に結ばれているので、ショッピングや通勤時も雪や寒さを気にせずに移動できます。
さらに、札幌では24時間体制で降雪や路面状況を監視しています。大雪にも対応できる除雪体制が整っているので、日常生活に影響が出ることはほとんどありません。

冬(11~3月頃)

Topics トピックス

雪道で転ばないコツは?

初めての札幌の冬を体験する方に雪道で転ばないコツを紹介します

  • まずは靴屋さんに行って、靴底が滑りにくいよう加工されている「冬靴」を購入しましょう。
  • 冬道の歩き方は、「小さな歩幅で歩く」「靴の裏全体をつけて歩く」「急がずに余裕をもって歩く」の3点がポイントです。
  • 人通りの多い交差点には、つるつる路面を滑りにくくするための砂が入った「砂箱」が設置されています。誰でも使えるのでぜひ活用しましょう。
冬(11~3月頃)

市内の移動がラクチン

札幌の中心部は、碁盤目状に整備されているので、街中で迷いにくいです。
市内の交通手段として、地下鉄をはじめJR・バス・市電も運行しており交通網が発達しているので、通勤・通学にかかる時間が短いのが特徴です。 また、ラッシュ時の最大混雑率も大都市圏の中では最低です。

市内の移動
通勤・通学時間
※平成28年度社会生活基本調査
ラッシュ時の最大混雑率
※国土交通省 令和元年度混雑率データ

リーズナブルな住宅費

都心まで地下鉄で10分という好立地でも住宅費は安いです。
ちなみに、家の中でゴキブリに遭遇することもないので、安心して過ごすことができます。

リーズナブルな住宅費
[出典] 不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME’S 家賃相場(2020年12月25日現在)1LDK・2K・2DK

休日を満喫できる

ショッピングモールのほか、文化芸術施設(札幌文化芸術劇場hitaru札幌芸術の森など)、スポーツ施設(札幌ドーム北ガスアリーナ札幌46など)も充実しているので、ショッピングや芸術鑑賞、スポーツ観戦も楽しめます。
食については、みそラーメン、ジンギスカン、スープカレー、海鮮が有名ですが、食材の宝庫・北海道の中心都市である札幌には、ほかにも美味しい飲食店がたくさん。食べ歩きに困ることはありません。
また、ほんの少し足をのばすだけで、キャンプ、温泉、スキーなどの北海道らしいアウトドアライフを満喫できます。 札幌の観光情報については、「ようこそさっぽろ」に詳しい情報が載っているのでぜひチェックしてみてください!

ようこそ札幌(観光サイト)バナー画像
休日を満喫できる

TOP