MENU

文字サイズ

学生企業訪問MIRAI PROJECT

訪問企業サツドラホールディングス株式会社

写真:佐藤ゆきさんと黒川琴音さん

Vol. 1

北海学園大学

3年 佐藤さとうゆきさん

2年 黒川くろかわ 琴音ことねさん

マイクのアイコンお客さまにできることへの挑戦。
従業員にできることへの挑戦。

普段目にしたり利用しているドラッグストアや調剤薬局、さらに北海道くらし百貨店や多彩なサービス提供など幅広い事業展開をしているサツドラ。

ご担当の野村さんからはじめにお聞きした「健康で明るい社会の実現に貢献する」という経営理念は、お客さまにできることへのこだわりだけではなく、それを支える社員の働く環境への配慮があってこそ。次々と画期的な制度を生み出している企業について、もっと知りたくなりました。

写真:パソコンの画面を見せて説明するサツドラホールディングスの野村さん
写真:取材に答えるサツドラホールディングスの野村さん

マイクのアイコン多様化するライフスタイルに合わせた
社内制度への配慮。

個々のライフスタイルが多様化している中、「サツドラジョブスタイル」という独自の取り組みについてお伺いしました。「ハタラキカタカエル委員会」は社員一人ひとりの声が委員や社長にダイレクトに届き、その意見や希望を真剣に検討し、より良い会社環境に反映していく風通しが良い理想的な制度。「カエル制度」は正社員からパート社員まで雇用体系の変更を柔軟に行える制度。

働き方に幅をもたせることで、それぞれの従業員に適したワークスタイルとなり、健全に永く就業できるシステムはこれからの企業に求められる理想形だと共感。厚生労働省認定の「えるぼし」の最高位の取得など数々の受賞・認証をしているのもうなずけました。

写真:取材中の佐藤ゆきさんと黒川琴音さん、サツドラホールディングスの野村さんの様子

マイクのアイコン若者がイキイキと活躍できる
ミライへのステップへ。

これから就活を迎える私たちにとって、女性への環境整備が気になるところです。一番驚いたのは、介護や配偶者の転勤などで退職しても、会社に戻る時は5年未満であればやめた時と同等の待遇で復職。男性も育休制度の対象。さらにそれぞれの生活スタイルや経済事情に配慮して副業や兼業まで可能。

就職やその先にある未来に向かって頑張っている私たちにとって、「ワーク」「ライフ」「バランス」の大切さを実感できるレポートでした。

写真:取材に答えるサツドラホールディングスの野村さん
写真:サツドラホールディングスの前に来た佐藤ゆきさんと黒川琴音さん

PROFILE

写真:サツドラホールディングス株式会社
写真:野村 侑輝さん

経営管理グループ HR担当 採用担当

野村 侑輝さん