MENU

文字サイズ

学生企業訪問MIRAI PROJECT

訪問企業エコモット株式会社

写真:山田啓太さんと加藤木佑斗さん

Vol. 3

東海大学

山田やまだ 啓太けいたさん(1年)

加藤木かとうぎ 佑斗ゆうとさん(1年)

マイクのアイコン「見える」というみんなの安心。
「透明性」という社員の安心。

IoTを通じて、より安全な社会の実現に貢献します。会社のミッションをお伺いした際に「IoT」って、と知らない単語からの始まりでした。

ご担当者の平松さんの丁寧な説明によると「モノのインターネット」を通じて接続され、モニタリングやコントロールを遠隔で実現する技術やシステム。例えば運転の状況や積雪状況が、「見える」「蓄積する」「活用する」という仕組みということ。

そんな事業展開をしているエコモット自体も「社内が見える」風通しが良い職場環境。ユニークで独自の支援制度や活動について、もっと知りたくなりました。

写真:取材に答えるSCSK北海道株式会社の石丸さんと話を聞く坂野下大輔さんと佐藤咲里さん
写真:取材に答えるSCSK北海道株式会社の石丸さん

マイクのアイコン和やかで率直な人間関係を
大切にする社風。

まずは、平松さん自身が在籍しながらも「キャリアコンサルタント」の資格取得に向けて勉強中とのこと。社員の仕事におけるキャリアはもちろん人生のキャリアまで、いつでも親身に様々な相談にのっている現状ですがさらに資格をとって、そこで働く社員にとって安心感とキャリアアップへの力強いサポーターとなるためだそうです。

「資格取得奨励制度」は、会社で指定する資格を取る際は、受験費用などその費用を会社が負担。指定にない自分が希望する資格についても会社と調整できれば対象にもなります。

部活も盛んで、野球部、バスケット部、テニス部、登山部、ねこ部、テック(技術)部などと幅広くあり、活動費用も会社で負担する熱の入り方。自分の嗜好性に合わせて、想い想いにオンとオフを楽しんでいる様子です。

写真:取材中の坂野下大輔さんと佐藤咲里さん、SCSK北海道株式会社の石丸さんの様子

マイクのアイコン道内出身者も活躍できる
ミライヘのステップ。

人材としては成長欲があり、新しいことの興味を持ち、行動する人を求めているエコモット。イキイキと活躍している社員の内、道内出身者が7割以上で「Iターン」や「Uターン」の受入れもしています。

北海道から地域や産業の安心を支え、その社会を自身でも楽しむ企業でありたい。そんな社長と社員の想いは、これから就活を迎える学生にとって、心に響きました。

「未来の常識を創る」が原動力となっているエコモットを通して、未来に向かって「ワーク」「ライフ」「バランス」の大切さを実感したレポートでした。

写真:取材に答えるSCSK北海道株式会社の石丸さん
写真:取材中の坂野下大輔さんと佐藤咲里さん

PROFILE

写真:エコモット株式会社
写真:平松 遥さん

管理部 人事 主任

平松 遥さん