MENU

文字サイズ

基礎知識Q&A

出産には
どのくらいのお金が必要?

ママの負担を
軽減する
さまざまな助成があります

  • 妊婦健診費
    妊娠・出産にかかる費用には健康保険が使えないため、妊婦健診には1回あたり3000円〜5000円、検査が多いときには1万円を超える額の負担があります。先輩ママの自己負担額の平均は約5万8000円。妊婦健診の回数は15〜16回ですから、かなりの負担ですね。最近では妊婦さんの経済的な負担を減らすため、公費で助成されるようになりましたが、助成の内容や金額は自治体によってさまざまです。札幌市では、14回分の費用を補助しています。
  • 分娩入院費
    分娩入院費には健康保険が適用されません。出産には、40万円前後のまとまった費用が一度に必要ですが、健康保険に加入している人は、健康保険から42万円(産科医療補償制度に加入していない産院での出産なら39万円)の出産育児一時金が給付され、実質的な負担は数万円程度が一般的です。また、現在は出産育児一時金が健康保険から産院に直接支払われる制度が原則となり、ママが準備すべき分娩入院費はいっそう減る傾向にあります。
  • マタニティ・ベビー用品
    先輩ママたちのマタニティ・ベビー用品費にかかったお金の平均は約13万円。マタニティ用品や新生児期のベビー用品は使う期間が短いため、安く揃えようとするママが増えているようです。マタニティウエアは、チュニックやAラインのワンピースなど妊娠前に着ていたものをうまく使い回し、ボトムや肌着など必要なものだけを買う。ベビー用品はお下がりやレンタル、リサイクル、オークションなどの利用もできます。最初は最低限用意し、必要に応じて買いたしていくのがいいでしょう。
  • 内祝い
    親族や友人などからの出産祝いは、とてもありがたいものですが、お返しとしての内祝いは送りましょう。費用の目安は、いただいた金額の3分の1から2分の1程度。いただいてから1〜3週間以内には相手に届くように手配しましょう。