入院時食事・生活療養費の標準負担額

入院時食事療養費の標準負担額

 入院したときは、その食事に係る費用のうち、1食につき下表の金額(標準負担額)を自己負担することになります(65歳以上で医療療養病床に入院する方は自己負担の内容が異なります。入院時生活療養費の標準負担額を参照ください)。
 自己負担を超えた額については、医療機関のからの請求に基づき、共済組合が入院時食事療養費として医療機関に支払います。
 なお、下表の標準負担額は、一部負担金払戻金、家族療養費附加金、高額療養費の対象とはなりません。

入院時食事療養費の標準負担額(1食につき)
一般   360円/食
 <平成30年度〜:460円/食>
 難病患者、小児慢性特定疾病患者※1及び平成28年4月1日時点で1年を超えて精神病床に入院しており引き続き入院中の方※2   260円/食
 (平成27年度の額のまま据え置き))
市町村民税非課税者 3  下記以外  210円/食
 91日目から申請により、160円/食
 対象者が70歳以上かつ世帯全員が所得なし  100円/食

注意

※1 難病患者とは、難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項に規定する指定難病の患者で同項に規定する医療を受けている者をいいます。また、小児慢性特定疾病患者とは、児童福祉法第6条の2第2項に規定する小児慢性特定疾病児童等で同法第19条の2第1項に規定する医療支援を受けている者をいいます。
※2 平成28年4月1日以降、精神病床を退院し、同日転院している場合を含みます(転院先で入院時生活療養費の対象となる場合は、当該標準負担額も平成27年度の額で据え置き)。
※3 「市町村民税非課税者」区分は、組合員自身が市町村民税非課税者に該当し、かつ事前申請があった場合にのみ適用されます。なお被扶養者が市町村民税非課税者であっても適用されません。該当する方は必要書類をご案内しますので、事前にお知らせください。


入院時生活療養費の標準負担額

 65歳以上で医療療養病床に入院する方については、食費及び居住費のうち、1食又は1日につき下表の金額(標準負担額)を自己負担することになります(65歳未満の方や、一般病床・精神病床等に入院する方は自己負担の内容が異なります。入院時食事療養費の標準負担額を参照ください)。
 自己負担額を超えた額については、医療機関からの請求に基づき、共済組合が入院時生活療養費として医療機関に支払います。
 なお、標準負担額は、一部負担金払戻金、家族療養費附加金、高額療養費の対象とはなりません。

入院時生活療養費(65歳以上で医療療養病床に入院する方)の標準負担額
   右記以外  医療の必要性が高い者※3 難病患者※4 
一般 ※1  入院時生活療養費()該当  (食費) 460円/食

<居住費>370円/日
 (食費) 360円/食
(平成30年度〜:460円/食)
<居住費>200円/日
<平成30年度〜:370円/日>
  (食費) 260円/食

 <居住費>0円/日  
 入院時生活療養費()該当  (食費) 420円/食

<居住費>370円/日
  (食費) 360円/食
(平成30年度〜:420円/食)
<居住費>200円/日
<平成30年度〜:370円/日>
市町村民税非課税者  ※2  下記以外   (食費) 210円/食

 <居住費>370円/日
  (食費) 210円/食
91日目から申請により
(食費)160円/食)
<居住費>200円/日
<平成30年度〜:370円/日>
  (食費) 210円/食
 91日目から申請により
  (食費) 160円/食
 <居住費>0円/日
 対象者が70歳以上かつ世帯全員が所得なし   (食費) 130円/食

 <居住費>370円/日
  (食費) 100円/食
<居住費>200円/日
<平成30年度〜:370円/日>
  (食費) 100円/食

 <居住費>0円/日
境界層 ※2  減額されれば生活保護を必要としなくなる者   (食費) 100円/食

 <居住費>0円/日

注意

※1 入院時生活療養費(機乏催とは、栄養士による食事療養が行われているなど一定の要件を満たす届出をしている保険医療機関に入院している場合をいい、入院時生活療養費(供乏催とは、(機飽奮阿両豺腓鬚いい泙后
※2 「市町村民税非課税者」区分は、組合員自身が市町村民税非課税者に該当し、かつ事前申請があった場合にのみ適用されます。なお被扶養者が市町村民税非課税者であっても適用されません。該当する方は必要書類をご案内しますので、事前にお知らせください。
※3 医療の必要性が高い者とは、健康保険法施行規則第62条の3第4号の規定に基づき厚生労働大臣が定める者をいいます。
※4 難病患者とは、難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項に規定する指定難病の患者で、同項に規定する医療を受けている者をいいます。