訪問看護を受けたとき

訪問看護を受けたとき

 難病患者や末期がん患者などが、医療機関での保険診療から継続して、在宅で指定訪問看護事業者(訪問看護ステーション)から療養を受けたときは、その費用の3割を自己負担することになります。残りは訪問看護療養費として、共済組合が直接、指定訪問看護事業者に支払います。自己負担額が限度額を超えた場合は、高額療養費、一部負担金払戻金、家族療養費附加金の対象となります。申請は必要ありません。