特定疾病

特定疾病の認定を受けるとき

 長期にわたる治療を必要とし、しかも高額な医療費がかかる以下の病気にかかった場合、「特定疾病療養受療証」の交付を受けることができ、自己負担が軽減されます。

(1)血友病

(2)人工腎臓を実施している慢性腎不全

(3)抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群

▼自己負担額

・上位所得者(標準報酬月額530,000円以上の方)→20,000円/月

・上位所得者以外→10,000円/月

提出するもの 特定疾病療養受領証交付申請書(医師の証明が必要)
 (PDF形式:75KB)

備考  この疾病については、市町村で実施している「重度心身障がい者医療費助成」(外部ホームページ)の対象(所得制限あり)となる場合があり、認定を受けると窓口負担がさらに少なくなる場合があります。お住まいの市区町村の医療助成の担当部署にお問合せください。