組合員証と組合員被扶養者証(保険証)

 組合員になると「組合員証」が、被扶養者になると「組合員被扶養者証」が交付されます。これらは、組合員及び被扶養者の資格を証明するもので、病院などで診療を受けるときに必要です。大切に使用、保管しましょう。

組合員証・組合員被扶養者証を紛失したとき

 組合員証・組合員被扶養者証を紛失したり盗難に遭ったときは、すみやかに所轄の警察署に届け出るとともに、必要書類を提出して、再交付の手続きをしてください。

提出するもの 組合員証等再交付申請書(所属長の確認が必要)
  (Excel形式:28KB)

備考  申請の際に印鑑(シャチハタ可)をご持参ください。

注意

  • 最近特に証の紛失・盗難が増えています。万一消費者金融などで悪用されると、金銭的な債務を組合員が負う恐れがあります。保管・管理には十分注意してください。

組合員または被扶養者に氏名の変更があったとき

 組合員または被扶養者に氏名の変更があったときには届け出が必要です。以下の書類を提出してください。

提出するもの 氏名・住所変更申告書(所属長の確認要)
  (PDF形式:370KB)
変更対象者の戸籍抄本(写)
変更対象者の組合員証および組合員被扶養者証

備考  申請の際に印鑑(シャチハタ可)をご持参ください。

注意

  • 組合員証・組合員被扶養者証を庁内メールで送付することは禁止されています。

組合員または被扶養者が住所を変更したとき

 組合員または被扶養者が住所を変更したときには届け出が必要です。以下の書類を提出してください。

提出するもの 氏名・住所変更申告書 (所属長の確認要)
  (PDF形式:370KB)
国民年金被保険者住所変更届
  (被扶養者となっている組合員の配偶者が住所を変更した場合)
  (Excel形式:52KB)
配偶者の年金手帳(写)
  (被扶養者となっている組合員の配偶者が住所を変更した場合)
添付書類 【組合員が被扶養者と同じ住所に転居する場合】
添付書類は不要
  (所属長の確認がない場合は、住民票等の添付が必要)
【組合員と被扶養者が別の住所に転居する場合】
送金の事実を確認できる書類
  (銀行振り込み等で客観的に仕送りの事実が確認できるものの写し)
送金受領申立書
  (Excel形式:16KB)
無職無収入申立書(被扶養者に収入がない場合)
  (Excel形式:20KB)
被扶養者の今後の収入を確認できる書類
  ・給料の場合、給料見込証明書
  ・年金の場合、最新の年金振込通知の写し
住所を確認できる書類
  (賃貸契約書の写し、または対象者宛に届いた郵便物の写し)
※学生の場合(収入書類及び送金関係書類は省略)
  ・在学証明書原本もしくは学生証の写し(3月中に届出する時のみ合格通知書も可)
  ・住所を確認できる書類(賃貸契約書の写し、または対象者宛に届いた郵便物の写し)

備考  組合員証および被扶養者証の裏面住所欄は、ご自身で訂正していただきます。住所欄がいっぱいになりましたら、共済組合窓口で住所記載シールをお渡しします。仕送り金額等については「職員の扶養親族等に関する(異動)申告書の添付書類一覧表(認定)」を参照してください。

70歳になった方は

 平成14年10月1日以降に70歳になった方(昭和7年10月1日以降に生まれて70歳になった方)に「高齢受給者証」が交付されます。受給者証は、70歳の誕生月(誕生日が1日の方はその前月)に、対象組合員の所属に郵送します。

受給期間  70歳から75歳になるまで

注意

  • この受給者証を使用できるのは70歳になる誕生月の翌月(誕生日が1日の方は誕生月)からです。
備考  給付の詳細については(病気やけがをしたとき)を参照してください。

特定疾病の方は

 組合員または被扶養者が、人工透析を必要とする慢性腎不全や血友病等の治療を受けている場合は申請にもとづき「特定疾病療養受療証」を交付します。

提出するもの 特定疾病療養受療証交付申請書(主治医の証明が必要)
  (Excel形式:28KB)

備考  給付の詳細については (特定疾病) を参照してください。

お問い合わせは医療給付係(011)211-2432へ