首都圏の企業の方

03-3216-5090


進出企業

IT

札幌には他の地域にない独自のソリューション創造のポテンシャルを感じる

テクノブレイブ株式会社
札幌オフィス オフィスマネージャー 加勢 俊次 様

2004年にSI企業として設立。現在は自社製品開発も手掛けるなど、幅広い領域でITソリューションを提供する事業を展開しており、従業員は500人を超える。札幌オフィスを開設し、更なる発展を目指す。

Q.札幌に進出した経緯を教えてください。

当社の既存ビジネスの強化・拡大と、北海道独自のソリューション創造の為に、2020年4月22日に札幌オフィスを開設いたしました。当社としては、東京の本社のほか、名古屋、福岡、大阪についで5箇所目の拠点となります。
札幌は北海道随一の人口を持つ大都市であり、ビジネス拡大およびIT人材の採用に適した地域であると評価しました。

Q.北海道独自のソリューション創造とは?

北海道には他の地域に無い分野に対する取り組み、例えば、観光領域でのXR技術の応用提案や、農業、水産市場へのIoT、AI、ロボット技術活用等が見込めると期待しています。

加勢様 写真1

Q.加勢様はご出身が札幌で、久しぶりに札幌に戻ってこられたそうですね。他にも札幌に赴任(移住)された方がいらっしゃるそうですが、札幌での生活をどう感じていますか?

関東圏から移住したメンバーは札幌での生活に非常に満足しています。 特に食べものについては移住メンバー全員が大満足。札幌オフィスは北大の近くにあるため、ラーメン、スープカレー、ボリューム満点の定食屋等、昼食が大きな楽しみの一つになっているようです。
ただ、この年末年始の冷え込みは道産子でもツライものがありましたので、今年初めての冬を迎えた移住メンバーはかなり堪えたようです。(※)
その分初夏から秋までの気候の良さ、清々しさは格別でした。私自身、毎週のようにあちこちドライブに出かけていましたね。週末思い立ってドライブに出かけても混雑無しに、すぐ自然豊かな場所や美味しいものと巡り合うことが出来たりして、充実した北海道ライフを楽しんでいます!

※2020年12月29日~2021年1月3日の年末年始の間、札幌は最高気温が氷点下となる真冬日が続きました。(元日の最高気温は−8.9度!)年末年始の間、真冬日が続くのは34年ぶりで、特に厳しい寒さとなりました。

オフィス写真

Q.事業や採用面で、札幌でのご展開の手ごたえは。

開設時からコロナの影響もあり、対面での面会・面談等が大きく制約されてしまいました。当初は戸惑いもありましたが、メディカル領域でのインフラ案件、社会基盤(電気・ガス・水道)の開発案件がほぼ順調に拡大出来ております。
採用についても同様の苦労がありましたが、2021年3月末には10名の体制となる見込みで、ビジネス面、採用面とも札幌・北海道の大きなポテンシャルを実感しています。

Q.今後の展望についてお聞かせ下さい。

札幌進出の目的である、当社の既存ビジネスの強化・拡大と、北海道独自のソリューション創造を着実に推し進めることで業容と人員の拡大を図り、札幌エリアから北海道全域へビジネスの場を広げていきたいと思っています。
当社のビジネスを通じて、札幌・北海道への貢献を進めたく今後も頑張ってまいります!!

加勢様 写真2

企業DATA

テクノブレイブ株式会社

企業公式サイトへ

本社の所在地:
東京都千代田区内神田一丁目2番8号 楠本第2ビル2階
札幌の所在地:
札幌市北区北10条西4丁目1番19号 楠本第10ビル4階
事業内容:
システム・インフラのコンサルティング・設計・構築・保守、受託開発、プロダクトサービスの提供等

取材日:2021年1月


TOP