札幌こころのセンター
(札幌市精神保健福祉センター)

札幌市の現状(自殺統計)

知っていますか? 札幌市の自殺の現状

札幌市の自殺者数の推移

札幌市の自殺者数は、平成24年から平成28年まで減少傾向が続きましたが、平成29年は微増となりました。

※「地域における自殺の基礎資料(内閣府、厚生労働省)」より

札幌市の年代別死因順位(平成28年)

年代別に死因順位を見ると、10〜39歳の各年代で、死因の1位が「自殺」となっています。

※札幌市衛生年報(平成29年)より

札幌市の若年層の自殺者(自殺率)の推移

札幌市の未成年、20代及び30代の自殺者数(自殺率)は、増減はあるものの、ほぼ横ばいの状態が続いています。

※「地域における自殺の基礎資料(内閣府、厚生労働省)」及び
  「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査(総務省)」より

自殺を思いとどまった理由

自殺を思いとどまった理由でもっとも多いのは「家族や恋人のことを考えて」が44.6%で、
「その他」以外の理由では、「自殺を考える原因となった問題(借金や健康問題等)が解決した」
「家族に相談して」、「友人に相談して」の3つがほぼ同数で上位を占めています。

※「平成27年度第1回市民アンケート(札幌市)」より

PAGE TOP