札幌こころのセンター
(札幌市精神保健福祉センター)

適切な対応

友人や家族から悩みを相談されたとき、
悩んでいる人を見つけたとき、
あなたならどう対応しますか。


「アドバイスしてあげなきゃ」
「気分転換を勧めればいいのかな」

悩んでストレスを抱えた状態の人は、
辛い気持ちを受け止め、
話を聞いてもらえるだけでも
気持ちが楽になるものです。
悩みを打ち明けられたときは、
相手の辛さを受け止め、否定はせず、
しっかりと話を聞いてあげることが大切です。
このような話の聴き方を
「傾聴(けいちょう)」といいます。

とはいえ、辛そうな人を見ていると
声のかけ方にも悩むかもしれません。

「そっとしておいたほうがいいんじゃないか」
「あえて楽しい話をしてみようかな」

難しく考えず、素直に「どうしたの?」と
声をかけてあげてください。
悩んでストレスを抱えた状態では、
人は孤立感を感じやすくなるため、
「自分を心配して声をかけてくれる人がいる」
と気づくことは助けになります。

まずは声をかけ「あなたを心配している」
というメッセージを伝えましょう。


以下もチェックして、
より適切な対応を心がけましょう。

危険なサイン

悩んでいる人が出しているサインには
注意が必要なものがあります。

MORE

避けたい話の聞き方

ここでは、適切な対応とは逆に、
避けたい話の聞き方について紹介します。

MORE

ゲートキーパーとは

ここまで説明した適切な対応は、
実はゲートキーパーという役割です。

MORE

PAGE TOP